☀ダイアリー☀

557

  里の秋



畑で育てた野菜たちのおすそわけが届きました。
珍しい緑色のナスやピーマン、ゆず、不揃いのミカンといっしょに、大きなザクロの実も。

ザクッと割ると、ルビーのような赤い粒々がきれい。里の秋の贈り物は、このままジュースにして食しました。
 
  坂の下のバス停


海辺の国道134号線を歩いていて見つけたバス停の時刻表です。

んっ!七里ヶ浜と鎌倉駅の間を走る江ノ電バス、駅まで1日1本!?

反対側の復路の時刻表は見てこなかったけど、どんな人が、何しに乗るのか興味ありますね~

この日は、初冠雪したばかりの富士山が見えるかも、と稲村ケ崎へ。
けれど残念ながらガスっぽくて、頂上の白いところだけがうっすらと空に浮かんでいました。
  扇ガ谷の海蔵寺



花の盛りを見逃してしまい、ご覧の通り、萩の満開はとうに過ぎて、境内に上がる階段は散った花びらでいっぱいでした。

それでも、キンモクセイの香りがそこかしこから漂ってきて、秋の散歩は気持ちいいです。
 
  お月見


きれいなお月見ができました。

東に昇ったばかりの月は、ふんわり赤みがあって、海の模様もよ~く見えたのに、素人がカメラで撮るとこんなになってしまいます。

どうみても白いお団子ですね!
  
  雨上がり



あっ、虹、虹!と、はしゃいでいたら、どんどん上に伸びていき、30秒ぐらいで半円の形に。
レンズのフレームに入りきれない大きさになりました。
  
  栗ごはん









今年の初物いただきました。
ゴマ塩をバニラアイスにかけて食すのも☀面白いです。
  色づく頃には






鉢で育てているので、うっかり水やりを忘れてしまうと、この実が全~部しわしわの梅干し状態!になってしまうお騒がせのクリスマスホーリー。
大慌てで水やりして元の姿に、なんてことが今年は幾度も。

今はまだ緑の実ですが、これがうっすらと赤く色づく頃には、涼しい風が吹いていることでしょう。まだかな~
  早く涼しくならないの









残暑お見舞い申し上げます。

毎日にゃんとも暑いですにゃあ。

こうやって開きのポーズして、ぐ~っと体を伸ばしてみても、暑いのは変わらんですわ。やれやれ。
  暑中お見舞い申し上げます。









毎日こう暑くては、バテバテです。冷蔵庫の扉を開けるたびに、頭入れて冷やした~い、なんてたくらむも。スイカになりたい!

今日から8月、皆様くれぐれもご自愛ください。
 
  来年までおあずけ
今日の花火は、残念・・・中止。はるか遠くでも台風の影響は避けられなかった。

これまで中止になったのは、09年と震災の年の2回なので、今年で3回目。
今年使う予定だった花火玉は処分されるとか。何とももったいない。

砂浜にとどろく地響きがたまらん名物の水中花火、写真だけでもご覧ください。
  HANABI HANABI HANABI







23日は、「鎌倉花火大会」です。

以前は8月10日前後だったのですが、あまりの人出の多さで時期を早めたようです。
「雨天順延ではないのが残念だけど、今年は大丈夫、晴れるかな。」

プログラムの表紙に見つけた浴衣姿は、おなじみ鎌倉のあの鳩!!
たまや~はとや~
  蝉の初鳴き










昨日は、ヒグラシが鳴いていました。今年の初鳴きです。
ツバメのヒナたちも無事に巣立ち、空には箒で掃いたような雲が。

台風がいったら、梅雨明けかな。
 
  夏の来る前に








梅雨の7月、つかの間の夕焼けでした。


空の向こうでは、あの暑い夏のぎらぎらした太陽が、今か今かと出番を待って隠れていそうな。
  杏ジャム
今年もあんずジャム、ひと鍋つくりました。

あぶくたった 煮えたった
煮えたか どうだか
食べてみよう
むしゃ むしゃ むしゃ
まだ 煮えない
あぶくたった 煮えたった
煮えたか どうだか
食べてみよう
むしゃ むしゃ むしゃ
もう 煮えた・・・

はて?この続きの歌詞忘れてしまって・・・隣のおばさん?
  栴檀は双葉よりかんばし






5月下旬に、淡い紫色の花の群れをこんもりつけていたセンダンの樹。
小さな実が房になって影をつくっていました。

下から見上げると、初夏の空に、葉と実のシルエットがきれいに映えていたので、思わずパチリ!

そうそう、ツバメの卵がかえりました。今年のひなは3羽です。カラスに気をつけて、無事に育ちますように。
 
  ワンコも傘 





降りますな~。

ほんとに、けさは雨降り。 関東も、とうとう梅雨にはいったそうだ。

あのツバメの卵、もうすぐひなにかえるぞ。

そりゃあ、楽しみだ。
  つゆが来る前に 夕焼け空 





自転車置き場の梁の壁に、今年もツバメが巣をつくりました。

けれど、きれいにできたらと思ったら、カラスがこわしてしまい、こわされては泥を運び、こわされてはつくりなおしの繰り返し。



5月というのに、日中は気温がぐんぐん上がり、夕方の風が恋しくなります。
 
  夏が来る前に 花の寺








龍宝寺の黄色いカキツバタです。

お天気続きで空気も大地も乾いていますが、背の高いすらっとした見栄えのよい花を揃って咲かせています。

夏が来る前に1枚!撮っておきました。
  龍宝寺の芍薬
緑のまぶしいさわやかな季節になりました。連休からずっと気持のいい天気が続き、鎌倉の旧市街地のお寺には、どこも人の波が押し寄せています。

こちらは、幸いテレビやガイドブックなどに大きく紹介されることもないので、ゆっくり境内を散歩できる (人がいない!) 近所のお寺。手入れの行き届いた明るい庭が自慢です。

本堂手前の芍薬畑の花が満開になっていたので、写真をたくさん撮りました。周りの山の新緑にピンクや白い色を際立たせ、むせるような強い香りをふりまいています。

今日もこんな景色を独り占めできて、本当に静かな隠れスポットです。
( ちなみに入山無料 のどかです。)