☀ EVERY TUESDAY         ☀新入荷のお知らせです。

288



可愛いおかっぱ頭の女の子です。

ドレスの裾や袖についている飾りとおそろいのリボンを髪に結んでいますよ。

タンポポのような明るい色も、こんな襟足すっきりのヘアスタイルも、春らしくて爽やかですね。

来週UP予定ですので、見てやってください。



ドイツ製のボンゾドッグが入荷しました。

いたずらでもやらかしそうな姿は、愛嬌たっぷり。

このなんとも にやけた顔が魅力です。

背中には、誇らしげにしっかりと刻印が入っていますので、古いもののようです。


とても古い時代のミニチュアビスクドールです。

こんなふうに、脇をしめて手を握ったはだかんぼうの姿は、フローズンシャーロットとよばれて、当時子どもたちはバスタブに入れて遊んだりもしたようです。

こちらは身長3センチにも満たない極々小サイズ!!胡桃のベットにもすっぽり入ります。

ミニチュア好きの大人向けだったのかもしれませんね。

来週ご紹介予定です。




青い薔薇の模様のドレス姿が素敵です!

春待ち顔のお嬢さん、新入荷です。

きのうは、今年はじめてウグイスのさえずりを聞きました。



頭のジョイントに加えて、前脚と後ろ脚もジョイントされているので、可愛いポーズがとれます。

シュタイフの仔猫さん、小さいサイズ新入荷です!


ロンドンより新着です!

長旅の疲れも見せずに、日本の桜をひと足早く楽しんでいるのはシュコー製のミニチュアベア。

こちらのベアは、後頭部にオリジナルのピンがついていますので、ベルリンツアーの人々の胸につけられていたのでしょうね。

メタルでできている小さなクラウンが誇らしげですよ。来週UPの予定です。


白い羊の群れの中に、1匹だけ黒い羊がデザインされたセーターがありましたっけ。

ダイアナ妃も着ていましたね。

まわりのみんなとは違っていても、流されずに自分の考えをしっかりもって、へっちゃらよ!!

この子も、頭の上は白い毛ですが、体は真っ黒。青い目をしています。

ひょろりんとしたしっぽが可愛らしいシュタイフのこひつじさん、来週UPします。



雰囲気のよい乳母車が新着しました。

セルロイドのTOYが得意だったかつての日本の輸出品で、ハンドルや幌・車輪もセルロイド製です。

ところどころピンクカラーの塗装が施されているので、これからのお花見や雛祭りのドールたちにぴったりでしょ。

画像では、ビスクのミニチュアベビーを入れてみましたが、軽くて薄くてはかなげな、決して頑丈な素材でないだけに、中に入れてあげるのは、やはりセルロイドのベビーが似合いそう。

こんな可愛らしいうばぐるまで人形遊びしていたのは、どんな子だったのでしょうね。



3人とも、ドイツの子どもたちです。

伝統的な技法で作られている木工細工で、時を経た木の肌は、優しげな飴色になっています。

春の訪れを告げるスノーフレークやサクラソウ、長い茎の先の花も、木でできていますよ。

春はまだ遠そうですが、 花壇より早くテーブルの上で楽しめますね。


ドイツ・ワグナー社の小さなアヒル2羽です。

どちらもお猿さんのマークのシールがついていますので、初期のころの製造と思います。


カステラ色の胸やお尻はふっくら、つぶらな丸い目も可愛らしいです。

くちばしはプラスチックですが、水かきのついた脚は珍しくブリキの部品がついています。


パディントンベアが到着しました。

昨年ご紹介した子と同じ時代・サイズです。

おなじみの青いダッフルコートに大きな帽子、赤い長靴も途中で脱げてしまうことなく・・・

好物のマーマレード、日本でも見つけられるかな。



ふわふわコッカースパニエル、ロンドンからの空旅終えて、無事に到着しました。

しばらくは、のんびり体を休めて留守番中!

メーカー名を聞いても、現地ディーラーさんの答えは???でした。

マズルの細かいつくりや、良質なファーなどからみて、シュタイフと思いますが・・・鑑定やいかに。


古い絵本は、ざらっとした紙質とレトロな色合いが魅力的ですね。

こちらは、アメリカのセイデンさんのイラストが可愛らしいワンダーブックスの絵本。

どのページの挿絵も、素朴な味わいにあふれていますよ。

春の訪れが待ち遠しいうさぎたちから、元気を分けてもらえそうです!


ビスクのキューピー、新着です。

ローズオニールのサインも、足の裏にうっすらと確認できました。

何を読んでいるのでしょうね。後ろの足元に、もう1冊分厚い本があるんですよ。

体を寄せたしぐさの可愛いふたりです。


冬のうさぎは雪の色。

毛が真っ白になるのは、保護色ですね。

元気に跳びはねています。

可愛らしいガラスボタンの入荷です。



羊飼いがたくさんの羊を連れてやってきました。

ドイツ ワグナーの3ポーズです。

草を食んでいるものも・・・いずれも小さな羊さんがいますよ。

来週見てやってくださいです。



珍しいキューピーのご紹介です。

こんな風にカップやグラスの縁にぶら下がります。

ちょっと曲げた膝のあたりが可愛いでしょ!

こちらは、ローズオニールのオリジナル、とても古いビスクです。

よくぞこれまでご無事で。

来週、おじゃまします。

ロンドンからの長旅の疲れも見せず、トレードマークのダッフルコートを着たくまのパディントンが、元気に到着しました。 

お気に入りの青い長靴を履いているので、日本の雪道もへっちゃらです。
小さなビスクキューピーが再入荷しました。ことし夏にご紹介したキューピーと同じミニチュアサイズです。

背中には円盤状の突起があり、ジャケットのボタンホールに差し込めるようになっています。
「Boutonniere」という名前の由来は、「新郎の上着の襟のボタンホールにさす生花」 のことだそうですよ。

身長わずか5センチ足らずながら、背中の翼や頭のとんがリ、そして、まつ毛ぱっちりのハッピースマイルは一人前!

この子も指先に難がちょっとありますが、バンザイポーズが可愛いです。来週ご紹介予定です。

おとぼけ顔が可愛い小さなベアの入荷です。青いチェックのスカートはいてます。

こういったプスプスした感触のレーヨンプラッシュのベア、イギリスで見つかりますが、どこの生まれなんでしょう。現地での説明もはっきりしませんが、イギリス生まれではないのは確かなようです。

王冠をかぶったベルリンベアにも、こんな大きさで同じような素材の子がいるので、東ドイツ製?
ポーランドあたりの東欧の国の輸出品かもしれません。

毎回、製造国がいまいち不明ですが、長い時間と広い海を旅してきた子には間違いありませんね。